このサイトでは、秘書検定を目指す方向けに、
試験情報(合格率、日程、試験範囲など)や勉強方法を掲載しています。

【NEW】独学で秘書検定合格を目指す勉強法の注意点を追加しました。

11月13日(日)に試験を受けられた方、お疲れ様でした。
次回の秘書検定は2017年2月5日(日)です。

申込期間は12月1日(木)~1月10日(火)となっています。

▼ 秘書検定と比較して検討しておきたいのがコチラ
ヒューマンの通信講座 『医療事務』

再就職のために手に職をつけておくという点で有望です。

▼このサイトについて
特に受験者が最も多い2級については、出題傾向や試験対策を載せていますので参考にしてみてください。
各記事はすべて左側のメニューから見られるようになっています。

目的別にオススメの記事をあげると…

▼試験について知りたい
試験概要(受験資格、試験形式、合格基準など)
合格率(1級から3級まで級別の合格率を掲載)
筆記試験範囲(筆記試験の領域、主な内容を掲載)

▼秘書検定2級の対策を知りたい
社会常識経営に関する知識人間関係マナー話し方・接遇など

▼受験しようか迷っている
秘書志望以外も受けている
秘書検定を取って良かったこと
何級を受けるのが良いの?(級別の受験者数、各級の目安など)

 

また、秘書検定に類似した「実用マナー検定」や「ビジネスマナー検定」などについても試験概要(日程、合格率など)をまとめていますので、興味のある方は参考にしてみてください。

 

試験は合格することも大切ですが、目標を定めて勉強する過程にも意味があります。

また、秘書検定を受けた感想として

  • 「電話応対に自信が持てるようになった。」
  • 「お葬式等のマナーにも強くなり、仕事以外でも社会人として知識を活かせた。」
  • 「慶弔時の文書を書くときにも役立つ知識を知ることができた。」

といったことも聞かれます。

それほど難しい問題ではないので、興味をもたれたのであれば、勉強してみることをオススメします。

 

▼就活生向けの資格
就活生向けの資格としては秘書検定以外にも、簿記、日経TEST、TOEIC(R)などが考えられます。

また、志望業界が決まっているのであれば、旅行業務取扱管理者(旅行業)や宅地建物取引主任者(不動産業、金融業)も有望な資格です。

詳細は、就活生なら知っておきたい就職に役立つ資格に記載されています。

 

【PR】