秘書検定合格への勉強法

秘書検定を目指す人向けに受験情報(日程や合格率など)や勉強方法を紹介中。

秘書検定の試験概要

秘書検定を取って良かったこと

投稿日:2012年2月15日 更新日:

秘書検定を受ける目的のひとつに「職場での常識(ビジネス上のマナー)を身につける」ということがあります。

 

実際に秘書検定を受けた人も検定の勉強を通じて知識が身についたことをメリットに挙げています。

「これまで新人研修を受けたことがなかったので、あやふやな知識で対応していた部分が正しく覚えられた。」

「電話応対に自信が持てるようになった。」

「お葬式等のマナーにも強くなり、仕事以外でも社会人として知識を活かせた。」

「慶弔時の文書を書くときにも役立つ知識を知ることができた。」

「社会人としての常識が身についていることが確認できて、自信がもてた。」

など。

 

秘書検定は、一部の検定にありがちな「検定のためだけの知識」というものが少ないのが特徴です。

実際に職場や業務で使える知識(常識)を問うものが多くなっています。

これは秘書としてだけではなく、社会人としても役立つ知識です。

 

また、常識は出来て当たり前だけに、なかなか人から教えてもらえません。

それだけに、知らずに行ってしまい恥をかいてしまったということもあります。

こうしたことも、検定の勉強を通してしることが出来ます。

 

検定である以上、合格するのがもちろん良いのですが、そのための勉強が自分にとって役立つモノであることが秘書検定の良いところだと言えます。

 

【PR】

-秘書検定の試験概要

執筆者:

関連記事

no image

秘書検定の試験形式

秘書検定の試験形式は、「2級、3級」と「1級、準1級」で大きく異なります。 2級および3級は、筆記試験のみであるのに対し、 秘書検定1級、準1級は筆記試験と面接試験があります。 筆記試験の形式について …

no image

第107回秘書検定の合格率データからわかること

平成27年11月8日に行われた第107回秘書検定の合格率が発表されています。 2級の合格率は58.4%(受験者29,187名、合格者17,054名) 3級の合格率は71.5%(受験者14,202名、合 …

no image

秘書検定の試験概要

秘書検定 正式名称 ・秘書技能検定 ※国家資格ではありませんが、文部科学省が認定している公的な資格です。 受験資格 ・学歴、年齢など制限はありません。誰でも受験が可能です。 ※女性が中心ですが、男性で …

no image

秘書検定2級と準1級の違い

秘書検定2級を受けようと思っている人にとって、一つ上の準1級との違いが気になると思います。 (補足) 秘書検定は何級からでも受けられるので、2級を持っていないと準1を受けられないということはありません …

no image

秘書検定の最新の合格率

平成27年2月8日に行われた最新の秘書検定の合格率が発表されています。 2月に実施された試験は2級と3級のみで合格率は、2級が64.5%、3級が68.6%でした。   第105回秘書検定の合 …