秘書検定という名前から「秘書」の人または「秘書志望」の人が受けるイメージを持つ人もいるかも知れません。

実際は、そうでもありません。

もちろん、「秘書」または「秘書志望」の人も受けます。

ただ、それ以外にも職場での常識(ビジネス上のマナー)を身につける目的で受ける人が多くいます。

 

実際、秘書検定を受けた後には、

「あやふやな事やビジネスマナーが正しく覚えられて良かった。」

「電話応対で自信がついた。」

との感想が聞かれます。

 

いわゆる一般職の人も、

「当たり前すぎて職場では聞きづらいことを知る」

「自信が持てないことについて正確な知識を身につける」

目的で受けているのが秘書検定です。

 

また、就職活動でのアピール用として受ける就活生もいます。

職場での常識があるかは採用企業として知りたいところですが、面接だけで把握することは困難です。

そこで、「秘書検定を持っています」とアピールできれば、最低限のマナーは知っているのだなと採用側も理解することができます。

 

「秘書として働くわけではないので秘書検定は関係ない」と考えるのは、もったいないですので、ぜひ秘書検定に挑戦してみてください。

 

【PR】