» 秘書検定2級攻略のブログ記事

ここでは秘書検定2級の筆記試験領域「Ⅴ.技能」の中の(6)スケジュール管理および(7)環境、事務用品の整備についてまとめています。

秘書検定2級で要求されるレベル(スケジュール管理および環境、事務用品の整備)
秘書技能審査基準では、「上司のスケジュール管理が一般的にできる。」「オフィスの整備、管理、および事務用品の整備、管理が一般的にできる。」と定められています。

 

出題傾向
スケジュール管理については、予定表の作成や予定変更について、適切な対応を選びなさいという問題が出題されます。環境、事務用品の整備については、オフィス機器についての基礎的な用語知識が問われることもあります。

 

試験対策
問われるポイントが決まっていますので(上司の私用のスケジュール管理など)、過去問を解いておくことがオススメです。
オフィス機器関連の用語についても基本的なものは覚えておくことが必要です。
空調調整やオフィスレイアウトなど問題がパターン化されているところは、先に問題を解いて、解答を見ながら覚える方法で十分です。

 

勉強しておく必要があること
・上司の予定表を作成するときの注意点
・予定表作成時の上司の私用の扱い方
・出張の事前準備として必要なこと
・予定変更時の対応方法と注意点
・プロジェクター、スキャナ、シュレッダーの基本的な機能と役割
・オフィスの空調を設定する際の注意時事項(設定温度など)
・防音対策として行えること
・上司の部屋(オフィス)の掃除をする際の注意点
・基本的なオフィスレイアウト(記述でレイアウトを記載する問題が出ることもあります)
・オフィスレイアウトを組むときの注意点

 

【PR】