ここでは秘書検定2級の筆記試験領域「Ⅲ.一般知識」の中の(2)経営に関する知識についてまとめています。

秘書検定2級で要求されるレベル(経営に関する知識)
秘書技能審査基準では、「経営管理に関する初歩的な知識がある。」と定められています。

出題傾向
会社組織、人事関連、会計関連についての用語知識を問う問題が出題されます。

試験対策
広く浅く出来るだけ多くの用語を覚えておくことが必要です。
どのレベルまで覚えれば良いかは、問題演習で把握しましょう。
問題演習では正解以外の選択肢も、その意味を把握しておくことが大切です。

勉強しておきたいポイント
・株式会社とその他の会社(合同会社、合名会社など)の違い
・株主総会、取締役会の役割と位置づけ
・栄転、出向、左遷の意味
・昇進と昇格の違い
・貸借対照表、損益計算書の主な要素
・資産と負債の分類
・損益分岐点についてのグラフの見方
・線引小切手、先付小切手など小切手の種類とその違い
・約束手形、為替手形など手形の種類とその違い
・捨印、割印、訂正印など押印の種類とその違い

 

【PR】