ここでは秘書検定2級の筆記試験領域「Ⅳ.マナー・接遇」の中の(1)人間関係についてまとめています。

秘書検定2級で要求されるレベル(人間関係)
秘書技能審査基準では、「人間関係について一般的な知識がある。」と定められています。 なんとも漠然としてますね。具体的に見ていきます。

 

出題傾向
場面が提示されて、このような時に適切(または不適切)な対応を選びなさいという問題が出題されます。

試験対策
これは覚えるよりも問題への慣れが重要です。
また、「秘書検定の試験では」何が正解とされるかを抑えておく必要があります。
実務の経験に基づいて答えると、検定では不正解とされるされる場合があるので、注意が必要です。

そもそも「人間関係」とは何を指しているのか?
・秘書検定の試験範囲で言う「人間関係」とは、秘書と上司の関係が主なものになります。
・つまり、上司に対して秘書としては、どのように接するべきかが問われます。
・「秘書としては出すぎた行為」として、検定では不正解とされるものがあるので注意が必要です。
・また、上司の代わりに取引先や社内の人間と接することも、「人間関係」に含まれます。
・ここでも、あくまで「代理として振舞う」ことが試験では正解とされます。

 

【PR】