筆記試験は「理論」「実技」の2分野に分かれていて、それぞれで60%以上の得点が合格基準になっています。 ここでは、「理論」の中の「1.必要とされる資質」について、その勉強方法や対策をまとめました。 (「理論」には他に「2.職務知識」と「3.一般知識」があります。)

「1.必要とされる資質」では、主に「この場面では秘書としてどのように行動すべきですか?」といった問題が出されます。回答は選択肢の中から選ぶ形式になっています。

こうした問題では、秘書としての能力や人柄が問われるものとなっています。

試験内容に「人柄」が含まれていることには、違和感があるかもしれません。 ここで言う「人柄」とは、「身だしなみ」や「機密を守れるか」といった類のことです。

具体的には、秘書に適した身だしなみ(お化粧、服装)を選択肢から選ぶものなどになります。

また、秘書としての能力では、判断力や表現力を問われる問題が出ます。 たとえば、突然のアクシデントで訪問客に迷惑をかけたしまった場合の対応などです。

この「1.必要とされる資質」の特徴は、特に勉強しなくても得点が取れる問題があることです。 その一方で、選択肢の中に紛らわしいものがあり、秘書業務経験者でも間違えることがあります。

正解とされる選択肢でも、それだと別の問題があるのでは?と思えるものもあります。 ただし、秘書検定に合格するためには100%正解する必要はないので、あまり深みにはまらないことが大切です。「試験では、そうゆうものか」程度の割りきりが必要です。

そうした意味でも、この「1.必要とされる資質」については、出来るだけ多く『過去問を解く』ことが合格への近道と言えます。

 

【PR】