筆記試験は「理論」「実技」の2分野に分かれていて、それぞれで60%以上の得点が合格基準になっています。 ここでは、「理論」の中の「Ⅱ.職務知識」について、その勉強方法や対策をまとめました。 (「理論」には他に「Ⅰ.必要とされる資質」と「Ⅲ.一般知識」があります。)

「Ⅱ.職務知識」では、主に「秘書の役割や業務内容」について問われる問題が出されます。回答は選択肢の中から選ぶ形式にです。

具体的には、上司との関係において、どんなことをすべきか、またはすべきでないかといったことが問われます。

「越権行為となることはしてはいけない」ことは理論としては分かると思います。 これが試験では、具体的な場面が提示された上で、「秘書として不適切な行為を選びなさい」といった形で出題されます。

また、秘書業務において、「どのようなことに気をつけるべきか」といった内容も問われます。 このあたりは、選択肢自体も長文で紛らわしいことがあるので、慣れが必要になります。

この「Ⅱ.職務知識」は、暗記というよりも、数多く問題(過去問)を解くことが一番の対策です。 過去問をといているうちに、「秘書とはこうゆうものだ」という答えが分かってきます。

もちろん、「秘書とはこうゆうものだ」には、人それぞれの考え方があると思います。 特に秘書業務をこれまでしてきた方であれば、なおさら自分の中の「理想」があるはずです。

ただし、「試験」では出題者の考えにあわせることが必要です。 そうした意味でも、『過去問を解いて答えあわせをする』ことが合格への一番の近道です。

 

【PR】