秘書検定合格への勉強法

秘書検定を目指す人向けに受験情報(日程や合格率など)や勉強方法を紹介中。

受験対策

筆記試験(Ⅴ.技能)の対策

投稿日:2012年3月3日 更新日:

秘書検定の筆記試験は「理論」「実技」の2分野に分かれ、それぞれで60%以上の得点が合格基準になっています。 ここでは、「実技」の中の「Ⅴ.技能」について、その勉強方法や対策をまとめています。

(補足) 「実技」といっても、あくまで筆記試験の分野のことで、実際に何かを行うわけではありません。 「実技」は「Ⅳ.マナー・接遇」の他は「Ⅴ.技能」になります。

 

「技能」では「社内外の文書の作り方」や「郵便に関する知識」に関する問題が出題されます。 「技能」という言葉のイメージよりも、社会人としての実務的な一般知識を問うものと考えたほうが分かりやすいかと思います。

具体的には、往復はがきの返信の仕方などが記述式で問われたりします。 (「御出席」の「御」を消すなど) 秘書業務以外でも、社会人として役立つ知識ですので、受験後も役立つことが多いのが、この分野の特徴です。

 

また、「与えられたデータをもとにグラフを作成しなさい」といった問題も出題されます。 受験したときに初めて目にすると、解答の仕方に迷ってしまうこともあるかと思いますので、事前に問題を解いておくことをオススメします。

 

グラフの作成問題を除き、この「Ⅴ.技能」は、基本的に試験中に考えても分かる問題ではありません。 「知っているか知らないか」の問題ですので、勉強方法は暗記が中心になります。

 

筆記試験対策は、「Ⅳ.マナー・接遇」と同様に、(1)一通り暗記をする。(2)暗記できたかを問題集で確認する。で十分と言えます。

 

【PR】

-受験対策

執筆者:

関連記事

no image

筆記試験(Ⅱ.職務知識)の対策

筆記試験は「理論」「実技」の2分野に分かれていて、それぞれで60%以上の得点が合格基準になっています。 ここでは、「理論」の中の「Ⅱ.職務知識」について、その勉強方法や対策をまとめました。 (「理論」 …

no image

筆記試験(1.必要とされる資質)の対策

筆記試験は「理論」「実技」の2分野に分かれていて、それぞれで60%以上の得点が合格基準になっています。 ここでは、「理論」の中の「1.必要とされる資質」について、その勉強方法や対策をまとめました。 ( …

no image

秘書検定の直前対策しておきたいポイント

秘書検定の合格基準は「理論」と「実技」の領域で、それぞれ60%以上の正解。 これは1級でも2級、3級でも同じです。 ここでいう「実技」というのは筆記試験の中の領域のことで、実際に何かを行う「実技試験」 …

no image

次回(2016年)の秘書検定日程

2015年11月の第107回秘書検定を受験した方、お疲れ様でした。 準1級、1級を受けた方は筆記に合格した場合は、面接試験が予定されています。 今回は受験を見送った人や残念ながら不合格となってしまった …

no image

筆記試験(Ⅲ.一般知識)の対策

筆記試験は「理論」「実技」の2分野に分かれていて、それぞれで60%以上の得点が合格基準になっています。 ここでは、「理論」の中の「Ⅲ.一般知識」について、その勉強方法や対策をまとめました。 (「理論」 …